気まぐれDAYS^^ゞ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『田禹治』の次は『義兄弟』

<<   作成日時 : 2009/06/10 23:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

久しぶりにドンウォンの仕事の話。


この頃は韓国の芸能NEWSでもなかなかお目にかかれないドンウォンの近況。
何してるんだろう〜ちゃんと仕事してるのかな〜
なんて思ってたんだけど
でも、私が知らないだけで実は凄く忙しいらしかった。


『田禹治(チョン・ウチ)』がやっとこの前クランクアップしたそうな〜
フィリピン他、色々な所でロケをして、ワイヤーアクションもして5キロやせたって…
(羨ましい

それにしてもこの映画、クランクインは確か去年の8月だったと思うけど
時間かけ過ぎじゃない
私はもうとっくに撮り終わったか、もしくは途中でポシャッたかって思ってた。
失礼しましたちゃんと撮ってたんだね。
良かった。とにかく無事終わったようで…
公開はいつなんだろう面白そうな話だし早く見たいな〜




で、『田禹治』が終わって、休む間もなく
今度は映画『義兄弟』がクランクインしたそうな。

画像


『義兄弟』は昨年『映画は映画だ』でデビューしたチャン・フン監督がメガホンを取る作品。
ソウルのど真ん中で謎の銃撃戦が起きた6年後、国家情報院から追放された男と、北朝鮮に捨てられた工作員がお互いの身分を隠したまま巻き起こすエピソードを描く。

ソン・ガンホが演じるのは頭よりも体が先に動く人間味あふれる元国家情報院の情報員イ・ハンギュ
カン・ドンウォンが演じるのは緻密で冷静な北朝鮮のエリート工作員ソン・ジウォンだ。

映画投資会社・配給会社ショーボックス関係者は
『映画は映画だ』で新人監督らしからぬ巧みな演出を証明したチャン・フン監督とカンヌが認めた演技派俳優ソン・ガンホ、そして韓国映画界のトップスター、カン・ドンウォンが出会い
監督と俳優を見ただけで、興行性と完成度を兼ね備えた作品になると確信している。」
と話している。

『義兄弟』は4か月の撮影を経てこの秋の公開が予定されている。



だそうです。
もうすっかり映画俳優だね。ドラマはやらないのかな〜



へええええええ〜〜〜〜〜今度は『映画は映画だ』の監督なんだ〜
『映画は映画だ』はカン・ジファンソ・ジソブ2人が主演の映画で
泥だらけで血みどろで男っぽい映画だったけどなかなか面白い映画だった。

だから、『義兄弟』も期待できそうですね〜
『映画は映画だ』のように今度はソン・ガンホとドンウォンの2人がガッツリ組んだ映画なんだろうな〜
あのソン・ガンホとそんな映画に選ばれるなんてドンウォンも映画俳優として認められた感じがして嬉しい〜
でもきっとまたハードな映画なんだろうな〜〜〜
それに彼の役が“緻密で冷静な北の工作員”って…全然笑わないような役なんだろうな〜



ホヘェ〜
個人的には楽しくて面白い映画や胸キュンなドラマにも出て欲しいけど
彼が見られるならどんな話だってこの際、贅沢は言いません。

今年はいよいよ入隊するらしいし(本当かな〜)その前に1つでも多く彼が見たいなぁ



『田禹治』と『義兄弟』どっちも日本で見れますように〜〜〜〜














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです!復活されてたんですねっ!
「草なぎ君事件」や「ジフニっしぃ事件」のことですけど
私が参加させていただいてるブログでも、凄いことになってましたから〜「あ〜だ〜こ〜だ〜」と…
でも1年、完全に薬抜いて、復帰されることを願っております。
あ、思い出させてすいませんっ!
ガンホっしぃの映画情報、ありがとうございました
楽しみにしてます!ではっ失礼しました!
GANダルヒ
2009/06/12 13:19
GANダルヒさん、こんばんは〜お久しぶりです。
復活してました!って言うか
私、気まぐれだからまたすぐサボっちゃうと思うけど
ああ〜ジフン君の事…
私的にはドンウォンとかと比べるとジフン君は日本がらみの仕事も多くて凄く恵まれてたのに、それを自分で台無しにして…ホントもったいないって言うか…バカって言うか…
自分は自分だけじゃなくて、ファンにとっても大事な人だって事、もっと自覚してて欲しかったと思います。
本当に残念です。
早く、復帰して欲しい気もしますが、なにしろ韓国の皆さんに受け入れられないとダメだと思うので、今はとにかく反省して欲しいです。
でも、チュ・ジフンと言う俳優がこのまま埋もれてしまうのはもったいないので
またいつの日にか彼の作品が見れますようにと願っています。

またいつサボってしまうかもしれませんが
また来てくださいね〜お待ちしています。

ナドゥ
2009/06/12 23:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
『田禹治』の次は『義兄弟』 気まぐれDAYS^^ゞ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる